スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず指数ウォッチ
結局FXの記録は、プライベートブログでつけることにしました。リンクさせていただいている先がほとんど中国株ページであることや、FXチャートパターンなどのカテゴリを1から作りたかったこと、プライベートでしか書き込めないデータも残しておこうと思ったからです。

で、こちらのブログでは引き続きH株指数ウォッチネタなどでひっぱろうと思います(汗)。と書き込んだ瞬間雷鳴が(苦笑)。

前回H株指数ウォッチネタを書いたのですが、結局当たっていたのは調整した点だけでした。押し目は8000ポイント台を割らず、更に上昇に再び転じた時には窓を開けています。かなり相場の買い意欲が強くなってきている証拠だと思われます。

次のポイントは、やはり10000ポイントのところだと思われます。しばらくはこの辺の値動きでネタが書けそうです。

200955h
スポンサーサイト
気まぐれ更新
休止後はFX研究にかなりの時間をつぎこんでいました。中国株の方はとある銘柄を買ったまま放置。あいかわらずネタがありません。。。

引き続きFX研究のため休止しています。ただ、休止宣言後も訪問してくださる方がいるので、ちょっとだけ更新してみます。

チャートはH株指数の週足。昨年11月からの値動きは、およそ2000ポイントのレンジをやや上昇しながら、といった感じです。上昇波動、下落波動はおよそ2ヶ月ごとに訪れているようにみえます。先週SMA(50):9374まで指数が到達。上髭を形成しているので、ここらで一旦上昇はストップの可能性あり。押し目買いは7000ポイントあたりでしょうか。逆にレンジ上限をブレイクすれば・・・。10000ポイントあたりにレジスタンスが多くあるので、このへんの動きに注目しています。

FXは現在ポンド円扱い中。こちらは10日くらいの長いレンジ相場が続いています。15分足ピボットのS1とR1の間を行ったり来たりといった感じ。来週は上か下どちらかにブレイクすると思っています。

2009418
H株指数とダウと
久しぶりに指数チャートをチェック。

H株指数は月足でSMA(10)とSMA(20)がデッドクロスする手前になっています。トレンドチャネルは確認するまでもないですが下落トレンド。チャネル幅はおおよそ2000ポイント。大きなサポートはおそらく10000ポイントの区切り?2007年にはここがレジスタンスになっていました。実際このレジスタンスをブレイクしてからの上昇スピードはすさまじかったのを記憶しています。その後の下げでもこのラインが3回下髭の先になっています。RSIは50で、ちょうど真ん中ってところでしょうか。もうすぐサポートに株価指数が到達するので、ここでどう動くかが非常に重要かなぁと思っています。押し目となるかサポート割れとなるか・・・まだまだ気の抜けない状態です。

200894h

ダウ指数はちょっと拡大して週足チャートで。こちらも下落チャネルで、幅もH株指数のようにおおよそ2000ポイント。おおざっぱですが3ヶ月かけて下落、その後上昇、の波を繰り返しているように思います。現在は下落の中の上昇中。ここでチャネルの上限まで戻さないと、下落トレンドが加速する恐れもあるかと思います。だんだんと垂れてくる滝落としのパターンですね・・7月始めから上昇を始めているので、今月末までどう動くのかが気になるところです。上に下に髭がついたロウソク足を繰り返しているので、かなりもみ合っている感じです。

200894dow

FXですが、まめっちは現在ポンド円を鬼ショート中。ロングはかなりデンジャラスなので、上げては売り掛けの繰り返しです。なんで8月にこれをやらなかったのか、激しく後悔・・・このトレンドで、多くの小泉チルドレンが誕生しているんだろうなぁと思われます。
H株指数サポートとレジスタンス
サポート:SMA(20)
レジスタンス:SMA(10)

チャートはH株指数月足。今日はレジスタンスに押し返された形に。レジスタンスブレイクすれば動きがよくなるかと。MACD(6)が水平移動になってきました。ゴールデンクロス早くしてほしいものです。

H株指数


ポンド円はひたすらロング中。もみあい相場で特にすることがありません。今日の変動幅は今のところ124pips。ここ最近1日400pips動くことがざらだったため、ちょっと物足りない感じです。ただ変動幅が狭まってくるとどこかで上下に大きく動き出すので、今は下手に動かないほうがよさそう。
ぼちぼち上げてきました
H株指数もようやく暴落ショックから少しずつ立ち直ってきてますね。調整で下げても4桁下落などということはないだろうと思っています。例えあっても今回の超下落で耐性がついたように思います(下げて欲しくはないですが・・・)。

今日もH株指数は上げていますが、ぼちぼち明日くらいから調整するかなあと思ってます。現在ポンド円はショート中。205円あたりをターゲットにしています。あまり下げないかとは思っています。

なかなか春が来ませんが・・
相変わらず中国株になかなか春がやってきません。今日は大幅に上昇しましたが、これは大幅下落に対するリバウンドと考えています。FXをやっていてやはり感じるのは、為替の変動に合わせて株式市場が変動しているみたいだなあ、ということ。東証1部の1日取引が2兆円規模なのに対し、為替は250兆円も取引されているのですから、これが影響しているのは当然なのでしょうね。トヨタの場合、ドル円が1円円高に変動すると約350億円の損失となるようです。夏から30円近く変動していますから、ものすごい影響ですね・・中国株も気になりますが、日本企業の方も気になる今日このごろです。
ぼちぼちな展開
ここ最近は上下の値動きも減り、相場環境もだいぶ落ち着いてきたのかな、と思います。それでもまだラリーが開始する気配がなく、歯がゆい感じですね。まめっちは売却予定も購入する資金もないので、ひたすら保有株をホールドするのみ。相場が大きく動き出せばネタ探しの意欲もわいてくるというもの。まだまだ寒い日が続きますが、ぼちぼち暖かい相場になってくれることを願います。
だいぶ戻しました
先週はジェットコースターでも一番スピードが出てアップダウンの大きいポイントだったのではないでしょうか。特に13000ポイント台から11000ポイント台への急降下はスリルありすぎな感じでした。ただ急降下し続けるジェットコースターはありませんので、ここからの動きに注目ですね。上昇モードに突入するのか、はたまた再び下落に向かうのか。ただ、ここまでかなりの下落パワーを放出しているはずですので、下げるにしても先週のようなことはないのではと思っています。

これまでの経験で思ったのですが、世界同時株安というキーワードが新聞の1面に載ると底が近いというのは間違いないのではないでしょうか。このキーワードが国際面で小さく出ているようならまだまだで、いよいよ1面トップで扱われるようになったら、怒濤の投げ売りが発生するのではないかと思います。掲示板などの書き込みが参考になる、と一時期思っていましたが、下落に対する恐怖感というのは主観的なものなので、最近はあまり参考にならないかなあと思っています。今度押し目買いする際は、この法則が当てはまるかどうか検証してみたいところです。

FXですが、惜しいことをしました。逆張りは早すぎたものの、ポジションを維持していたらものすごい+でした。ただこれはあくまで結果論、そのままずるずる下げることもFXではよくありますので、やはりリスク管理を第一に取引していかなければいけないなあ、とつくづく思うのでした。
13000ポイントへ
前回のネタでH株指数の3分の2押しを取り上げましたが、ここで反発とはいきませんでした。今日も底が抜けたようなものすごい下落。ここまで指数が下がっているにもかかわらず、4桁の下落。今日の強烈下落は為替の方にもあらわれています。ポンド円は午後2時前後に半日続いた保ち合いが下方ブレイク。一時3円近く下落しています。ポンドロングでスワップを、と考えていたのに、またショートばかりが続いております。いつになったらロングできるんでしょう・・

これは今月どうにも13000ポイントを拝むことになりそう?早ければ明日に、もしくは明日リバウンドで持ち直してその後、となりそうです。
3分の2押しは正解?
昨日のネタで3分の2押しポイントを取り上げたのですが、今日そのあたりで急反発しました。ここが本当に反発ポイントだといいのですが・・・

HSCEI2008117


ちなみにFXの方は、ポンド円をロング中。日足チャートで見ても、いい加減反発するレベルになっていると思われます。久々にチキン取引を脱却して、大きくポジションを取ってみようかなあと思案中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。