スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マカオに風が吹く
資源株にも大きな流れが来ていますが、マカオにも来ているようです。ヴぁるさんが購入されているメルコはじき9から15HKDに迫る勢い。シュンダックは9から13(前日異様な出来高),ギャラクシーエンターも6から9に迫っています。マカオサクセスは先週だけで0.8から1.1に急伸しています。いずれの銘柄も調整期間が長かっただけに(特にマカオサクセスの1.1台は2004年以来では?)大きな波の始まりではないかと感じています。
スポンサーサイト
メルコ
その収入がマカオGDPのかなりの割合を占め、カジノ王の異名を持つスタンレー・ホー。メルコの経営を任されているのは、そのスタンレー・ホーの息子、ローレンス・ホー(何猷龍)CEO。今年は豪州企業との合弁企業メルコPBLエンターテイメント(50%ずつ出資)がADRナスダック上場、5月には6つ星ホテルクラウン・マカオのオープンと、大きなイベントが続いています。

コングロマリット企業として不動産や金融サービス・ホテル事業なども手がけるメルコですが、あくまで主力はカジノ。中国本土からの爆発的な勢いで増加する顧客に満足できるサービスを提供すべく、マカオプロジェクトを進行させています。売上高は2002年8000万HkDが2006年には8億HKDまで増加。ADRで調達した30億HKDは今後のマカオプロジェクト推進費用になるのでしょうが、ライバルの米系カジノと差別化を図るサービスの拡充が今後の収益増加のポイントになると思います。

まめっちはここをもう3回買って3回売っています。1回目は上昇トレンドの時。確か18HKDあたりで買って20ちょっと過ぎて売ったのですが、その後強烈な下げでひやひやしました。2回目は13HKDで購入して11.7HKDで損切り。本当はここらへんで買い増す気持ちだったのですが、強烈な下げのイメージが頭から離れず、手放しました。その後すぐに3回目の参戦。買値まで戻れば売ると決めての買いだったのですが、見事に買い値に戻り、手数料を献上orz。いずれも失敗の原因は、きちんとターゲットプライスを決めずに売り買いしたこと。去年中国株を始めたばかりの頃よくやっていた失敗の典型例です。メルコに対しJPモルガンは来年9倍の増益予測をたてています。今の株価の位置がそれに見合うものかどうかということですよね。まだまだ修行不足のまめっちです・・
メルコ観察日記(第四回)
今日で二番底を取ったっぽい感じ。ちなみに底値が11.72・・・例えキャッシュがあっても懲りずに11.7で指していたと思うので買えなかっただろうな・・・
などと言いつつ、来週さらなる安値をつけるかもしれないメルコ。これも勉強だと思って辛抱強くまったり観察していこうと思います。
メルコ観察日記(第三回)
シュンダック、銀河娯楽とマカオ株が反騰しているので、もうメルコの底値買いはできない予感が。。適当な押し目で追加買いしたいところです。
メルコ観察日記(第二回)
今日も仕掛けをしていたのですが、かかっていませんでした。。気長に落ちてきたところを拾いたいと思います。。
メルコ観察日記(第一回)
11.7に買い玉セット。指数がけっこう下げていたのでもしやと思って蓋を開ければ獲物はかかっておりませんでした。
今日の値動きから見て、底は近いかな?とりあえず、来月じっくり見ていきたいところです。
売買メモ
メルコ 13HKD X 20K

SMA(150):11.744HKDまでくれば買い増し予定

先日メルコの6つ星ホテルがオープンしました。
      ↓
http://www.crown-macau.com/

1億円達成の暁には行ってみたいところです(夢で終わるかな。。)。

テーマ:中国株
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。