スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆騰げの小型株達とドル円
昨日の二番煎じみたいなネタです(汗)。ただし今日は爆騰げした方を。

萬威国際:41%

澳門実徳:7.7%

リクルート:17%

その他ちらほらと。小型株ではないですが洛陽モリブデンや蒙牛、ベルインターなど優良で調整が大きかったものは堅調に戻しています。一方で下げトレンドを形成している銘柄はとことん下げており、中国株の特徴がよく出ているなあと思います。それにしても今日は全体的によく上げてくれました。寒かったまめっちの口座も久しぶりに暖かくなりました。まだ断定はできませんが、週足のSMA(20)がこの度の調整の底であったのかもしれません。

一方ドル円ですが、日足のボリンジャーバンド回帰線まで円安が進み、その後押し戻されています(ポンド円も同様)。おそらくですが1ヶ月くらいは108円~111円のレンジ内で行ったり来たりのもみ合いが続くのではと思っています。月足の三角保ち合いのサポートが107円にあったとすれば、再度サポートを試しに行くのか、はたまた円キャリートレード再開で113円台の雲を突破しにいくのか、今から来年の展開が気になります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。